記念切手は売り先で評価が違う!

私の知人に、「手紙を出すときには、ちょっとかわいい切手で出したいから」という、とても可愛らしいオバチャン(なかなか良い表現がないのでこう書きますが、褒め言葉です!)がいます。記念切手にもいろいろあって、額面よりも割高な値段で売られている記念切手もあれば、額面通りで買える記念切手もあるじゃないですか。郵便局に切手を買いに行って、額面通りの値段で買える可愛い記念切手があったりしたら、買い置きしておくのが趣味だったようです。

でも、普通郵便の値段も変わったし、老眼がしんどくなってきて手紙のやりとりも減ってきたとのことで、前に買っておいた切手が減らずにどうしようかと思っていると言っていました、そこで、記念切手は売ることができるということを教えて差し上げました。

そうなんです、記念切手は売ることができるのです。ただし、切手買取専門サービスに売るのか、金券ショップに売るのかで買取額は大きく変わってきますし、もしプレミア価値がある稀有な記念切手が紛れていた場合にちゃんと見つけ出して評価してくれるかどうかといえば、やはり記念切手買取専門サービスが確実です。記念切手買取サービスについてもっと知りたい方は、こちらの参考サイトもご覧くださいね。

Leave a Comment